ホーチミン送金問題

ベトナムには銀行がたくさんあるので、どこの銀行でも同じではないと思いますが、今回遭遇したできごとで、海外の不動産を購入するには色々な壁があることを、再び思い知らされました。

購入したマンションの5回目の振込、現地に行っていれば、何の問題もなく銀行からを振り込むことができたはずでしょう。ところがこのコロナの状態でそれはできません。「いつも管理費や光熱費などの振込に使っている現地の銀行からネットバンキングで振り込めば大丈夫」と、たかを括っていました。が、問題が・・・。国内送金の限度額がとても小さいのです。そして日本の銀行だと限度額を上げる事はネット上の操作で容易にできますが、それができないのです。現地に電話で聞いてもらうと、「店にきてもらえばできますよ。ネットではできない。」の一言で片付けられてしまいました。この限度額だと今回の振込を全額するのに19回かかります。19日間かかるということです。とうてい振込期日までに間に合いません。それに19回に分けて振り込むことが許されるのか?デベロッパーに聞いてもらい、コロナという特殊な状況なので何とか10日間の猶予をいただきました。早くに振込を済ませようと思いたってよかったです。ただもっと前に振込限度額に気づくべきでした。それにしても毎日毎日同額の振込を続ける日々。本当に早く現地に入りたいものです。

海外の不動産の購入時には日本では考えられないことが色々起こります。送金問題はよく起こる問題の一つ。現地に行かれないことで、考えられないようなことが起こりますね。皆さんもご注意を!

最新記事

すべて表示

最近のホーチミンでは・・・

先日、久しぶりにハワイ在住の知人に会いました。ホーチミン4区のマンションを数軒お持ちの方です。その後、彼にこんなメールを送りました。 「2つほど、ホーチミンの良い情報です。 1つめはやっとハノイの地下鉄が開通したみたいです。やっとですね。 2つめはホーチミン の中心地が日本単価で坪900万円ほどに値上がったみたいです。無料メルマガの情報です。調べてみてくださいね。」 そして、本日、物件のことで現地